レイチェルワインに下地は必要?相性の合う下地3選!

 

ミネラルファンデーションのレイチェルワイン。

 

とにかく余分な成分は一斉含まれていないので、薄付きで1日ファンデが崩れないのが特徴です。

 

これからレイチェルワインを使おうとしている人の中で、特に疑問に思う事は、

 

「レイチェルワインは本当に下地が必要ないのか??」

 

といった点だと思います。

 

ミネラルファンデを使った事がない人は、どうしても下地がいらいのがちょっと気持ち悪く感じる人って多いと思います。

 

ですが、最初に結論を言ってしまうと、

 

「レイチェルワイを使用する時は本当に下地がいらなんです!」

 

私も普通のファンデからレイチェルワインのミネラルファンデに変えた時は、下地がいらないのがなんだかすごく気持ち悪くて半信半疑でしたが、今は下地は一切使用していません!

 

※ちなみに下地がなくてもレイチェルワインはシミもある程度消せてしまいます

 

ただ、実はそれでも下地を使ってはいけないというわけではありません。

実際に口コミなどを見ていると、レイチェルワインを使用していても下地を付けている人っているんですよね。

 

ですので、ここでは

 

・レイチェルワインは下地がなぜいらないのか?

 

・下地が必要な人はどんな人で、レイチェルワインはどんな下地と相性が合うのか?

 

この2点について解説していきます。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

レイチェルワインは下地がなぜいらないのか?

先ほども書きましたが、レイチェルワインには基本的に下地は不要です。

 

普通に考えると、レイチェルワインはミネラルファンデなので、とにかく余分な成分を含まず、鉱物といった極力肌に害がないものを主体に作られています。

 

ですので、下地を付ける事自体が、そもそもレイチェルワインを使う際には必要無い事になります。

 

実際に、レイチェルワインの公式サイトのQ&Aでも、

 

レイチェルワイン ミネラルメイクアップのファンデーションは、下地なしでもきれいにつけることができます。

 

化粧前に、化粧水や乳液等で肌を整え、十分に乾いた後にお付けください。

 

ベタついた肌の状態では、よれやムラづきの原因になります。できるだけサラサラの状態で付けていただくと化粧崩れを防ぐことができます。

 

すぐにベタつきを抑えたい場合は、ティッシュを顔にのせ、その上から手で顔全体を押さえると、余分なベタつきを抑えることができます。

レイチェルワインの公式サイトより引用

 

といった回答が出ています。
ちなみに下地を使っていない人の口コミも載せておきます。

 

下地を使っていない人の口コミ

 

日焼どもいらず!下地いらず! 19歳 脂性肌

大学入学を機に毎日化粧をしようと思い、肌に優しいミネラルファンデに目をつけました。
色々なものがある中でレイチェル ワインを選んだのはずばりコスパの良さです。

 

日焼け止め入らず、下地入らずなのでトライアルセットに付属されているカブキブラシがあれば基本のベースメイクは完成します。

 

また色はシャンパンを使用していますが、色展開が豊富なので決められたファンデの色に無理やり合わせる必要がなく非常に評価が高いです。時間が経ったあとを考えると若干明るめの色を選ぶことをオススメします。
カブキブラシは大きくとても柔らかいので使い心地が良いです。

 

ブラシの洗浄アイテムを買えば清潔に使うことができます。

 

ファンデはセミマットで上品にな仕上がりになり、着け心地がとても軽いです。時間が経っても汚い崩れ方にならずテカリも少ないです。総合的に見ても満足度が高いのでこれからもリピートしていくつもりです。

 

下地とベースメイクが肌の負担になっていたことに気づく!33歳 敏感肌

繰り返しできるふきでものに悩んでいる時にレイチェルワインのミネラルファンデーションに出会いました。
洗顔後はワセリンだけを塗り、乾かしてからレイチェルワインのミネラルファンデーションをブラシでクルクルとつけています。

 

これで繰り返しできていたふきでものが治りました。

 

今まで使っていた化粧下地とファンデがどれだけ肌に負担をかけていたのか、ベースメイクって大事だな、と実感。ナチュラルに仕上げたい人はブラシでクルクルと軽く付けるだけでOKです。
しっかりカバーしたい人は何度か繰り返しクルクルとブラシでつけます。

 

重ねてつけても厚塗りにならないところがレイチェルワインの良いところです。
ブログにレイチェルワインの事を詳しく書いているので、気になった人はチェックしてみてください。

 

⇒下地がいらない!レイチェルワインのトライアルセットはこちら!

 

 

レイチェルワインに下地を使った方が良い人は?どんな下地と相性合うの?

 

まず最初に、レイチェルワインの5つの役割を確認します。

 

 

・ファンデーション

 

・コンシーラー

 

・日焼け止め

 

・フィニッシングパウダー

 

・化粧下地

 

これら5つの役目が、レイチェルワインにはあります。

 

ですので、基本は下地がいらないというのが、レイチェルワインの「売り」です。

 

しかし、今まで何年も下地をつけてからファンデを塗っていた人にとっては、いきなり下地をなしにしてファンデーションを塗るのって抵抗がありますよね?

 

下地と、ファンデーションの相性もあると思いますが、実際、私もレイチェルワインを使う最初の方は下地をつけていたんです。

 

ただ、レイチェルワインを使用するという事は、できるだけ肌に負担をかけたくないと思っている人がほとんどで、実際に下地をつけてしまうと、逆の事(逆の効果)をしてしまっているという事になります。

 

そこでどんな人が下地を使った方が良いかというと、敏感肌、乾燥肌の人はもともと皮膚が弱い方が多いので、刺激の少ないレイチェルワインと相性のあう下地を使用するのもありです。

 

お勧めするのはが「オイル」や「ケミカル」の入っていないものです。

 

これは、レイチェルワインの開発者「レイチェルワイン」が実際に、おすすめの下地について話をしていたことなので間違いはありません。

 

ですので、肌への負担がある、オイル、ケミカルの入っているものは避けましょう。

 

私のおすすめ下地3選!!

 

次に私のオススメ下地を3つ紹介します!

 

シルクパウダー

 

 

シルクパウダーは特にテカリやすい人におすすめで、エトヴォスのエンリッチシルキープライマーは私も使用していたので結構レイチェルワインと相性があってよかったですよ^^

 

>>>エトヴォスのエンリッチシルキープライマーはこちら

 

 

ベビーパウダー

 

 

このベビーパウダーは以外と思われる人もいると思いますが、ベビーパウダーはとにかくお肌に優しいんです。

 

実際に私も子供の余っていたベビーパウダーを試してみましたが、案外よかったのを憶えています。

 

 

コーンスターチ

 

 

カスタードクリームなどの原料に使われる「コーンスターチ」です。
このコーンスターチは実はお菓子作りなどに使用される片栗粉に似た粉です。

 

お菓子??

 

と思われる方もいると思いますが、実はこれもフェースパウダーとして使用できるんです。

 

コーンスターチの主な役割は、顔表面の皮脂の吸収・肌のテカリ・化粧崩れを防いでくれます。

 

エンリッチシルキープライマー、ベビーパウダーとこの3つはおすすめです!

 

今なら4500円のカブキブラシがセットで、1980円!!

レイチェルワインのトライアルセットで理想の肌の第一歩を!

 

以上ここまで、レイチェルワインの下地について説明しました。

 

レイチェルワインンは基本、下地がいらないので時短にもなりますし、経済的にもお得になりますよ!

 

ただ、下地をつけたい人はつけてもよいので、その場合はなるべくお肌に負担の
ない下地を選んでくださいね^^

 

 

 

 

この記事を読んだ人は、他にもこんな記事を読まれています^^

 

 

⇒【証拠画像付き!】レイチェルワインはシミを隠せるのか?

 

⇒レイチェルワインの使い方は?知らないと損する3つのポイント!

 

⇒レイチェルワイン アクセントフェースパウダーの裏ワザテク!