レイチェルワインの全成分は?成分の効果と一緒にわかりやすく解説

 

新しいファンデーションを使う時に気になることといえば、もちろん化粧ノリ
だと思いますが、それと同時に気になるのが化粧品に含まれている成分
だと思います。

 

特にファンデーションは顔全体にほとんど毎日塗るものです。

 

ある程度の歳を重ねるごとに、ファンデーションの肌への影響って気になる
所ですよね。

 

実は最初に言ってしまうと、レイチェルワインの成分はとても安心なんです。
しかし、やっぱり成分をきちんと確認したいと思われる人も多いと思うので、

 

そこでここでは、

 

・今さら聞けない!ミネラルファンデーションって??

 

・レイチェルワインの全成分は?どんな成分が入っている?

 

・それぞれの成分にはどんな効果がある?(一般の化粧品と
どれくらいの違いがあるのか。

 

この2点について簡単に説明していこうと思います。
レイチェルワインの購入の前に、成分が気になっている方はぜひ参考に
してくださいね^^

 

ミネラルファンデーションってどんなもの?

 

ミネラルファンデーションは、1970年代に手術や火傷の跡にも使用ができる
ようにアメリカの医師によって開発されました。

 

成分の特徴は、ミネラル(マイカや酸化チタン)といった天然の鉱物で作られた
ものだけしか入っていません。

 

最近流行している1番の理由は、一般のファンデ−ションにに比べて断然お肌に
良い事。

 

シリコンやポリマーなどクレンジングな必要となる成分は全く入っていないので石鹸で簡単に落とせてしまいます。
これが時短になるっていう事も人気の1つになっているようです。

 

代表的なミネラルファンデのブランドには、レイチェルワイン、エトヴォス、ヴァントルテ、ビューティフルスキン、オンリーミネラルなどがあります。

 

レイチェルワインに含まれる全成分は??

 

私が購入したレイチェルワインにはミネラルファンデーションとアクセントフェース
パウダーが入っていました。

 

ですので、ここではこの両方の成分を見てみますね^^

 

 

ミネラルファンデーション

 

マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、
ラウロイルリシン、水酸化AI

 

レイチェルワインの成分の特徴は、極限まで成分を減らしてお肌への負担を
減らしているいる事です。成分は上記の7つしか含まれていません。

 

それでは1つずつその特徴を説明していきます。

 

 

マイカ

 

自然な光沢と透明感、滑らかさを出します。
原石である白雲母、金雲母を粉砕して得られた含水ケイ酸アルミニウム
を主体とする板状粉体の体質顔料です。

 

 

酸化亜鉛

 

消炎作用があることでも知られ、汗をかいたり水に濡れても化粧落ちしません。
可溶性亜鉛溶液から合成、もしくは亜鉛鉱石から合成することで得られる白色の
微細な粉末(白色顔料および紫外線散乱剤)です。

 

 

酸化チタン

 

防水と日焼け防止効果があり、カバーの役目を果たします。酸化チタンの量が
多すぎると艶がなく厚化粧に見えてしまいます。
イルメナイトという鉱物を細かく砕いてつくられる白色の紫外線散乱剤です。

 

 

シリカ

 

滑らかさを出し、毛穴や凹凸を目立たなくする効果があります。
表面をジメチルクロロシランまたはトリメチルクロルシラン処理したシリカ(無水ケイ酸)で、親油性の白色微粉末です。

 

 

酸化鉄

 

色の演出したり、肌への密着性に優れており、透明感のある明るい肌を演出します。
雲母チタンを加熱還元して表面を黒酸化チタンとしたものに、酸化チタンの薄膜を
被覆処理した板状粉体です。

 

 

ラウロイルリシン

 

乾燥した季節からお肌を守ります。さらに、化粧崩れも防いでくれます。

 

 

水酸化Al

 

肌への滑らかさを出すためのコーティング剤として使用します。
天然または化学合成でつくられるアルミニウムの水酸化物で、白色の結晶性粉末
です。

 

 

 

アクセントフェースパウダー

 

マイカ、ラウロイルリシン、ステアリン酸亜鉛、オクテニルコハク酸デンプンAl、
酸化チタン、酸化鉄

 

レイチェルワインのアクセントフェースパウダーには6つの成分が含まれています。
そのうち4つはファンデーションと同じ成分なので、それ以外の2つの成分について
説明します。

 

 

ステアリン酸亜鉛

 

滑らかな感触を作り、粉体同士が合わさって、ダマになってしまうのを防ぐ働きがあります。ファンデとのつなぎ役です。
高級脂肪酸のステアリン酸と亜鉛からつくられる非常に滑らかな白色微粉末の
分散剤です。

 

 

オクテニルコハク酸デンプンAl

 

撥水性や油性原料へ配合するとベタつき感を少なくしサラサラ感と滑りを与える
効果があります。
トウモロコシのでんぷんでアルミニウム塩疎水性の微粒子です。

 

 

 

以上がレイチェルワインのファンデーションとアクセントフェースパウダーに含ま
れる全成分です。

 

もちろん、トラブルの原因とされる防腐剤や合成界面活性剤、オイルや香料は含まれていません。

 

なのでお肌にとても良いのがわかりますね^^

 

>>レイチェルワインのお得なトライアルセットはこちらからどうぞ

 

 

 

一般の化粧品と、レイチェルワインの成分を比べてみた。

 

 

次にレイチェルワインの成分と、資生堂マキアージュ ドラマティックパウダリーUVの成分を比べてみたいと思います。

 

資生堂のマキアージュは人気のコスメブランドで、CMでもよく放送されていますので
ほとんどの方は知っているのではないでしょうか。

 

 

レイチェルワインの成分

 

マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、
ラウロイルリシン、水酸化AI

 

 

 

資生堂マキアージュド ラマティックパウダリーUVの成分

 

タルク、(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー、
酸化チタン、窒化ホウ素、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ナイロン-12、酸化亜鉛、
トリエチルヘキサノイン、HDI/トリメチロールヘキシルラクトンクロスポリマー、
(IPDI/ポリ(1.4-ブタンジオール)-14)クロスポリマー、ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニル
トリメチコン、(メタクリル酸メチル/アクリロニトリル)コポリマー、アセチルヒアルロン酸Na、
(ステアロキシメチコン/ジメチコン)コポリマー、カルボキシデシルトリシロキサン、パルミチン酸
デキストリン、水酸化AL、シリカ、エチルヘキシルグリセリン、ジステアリン酸AL、テトラヒドロ
テトラメチルシクロテトラシロキサン、塩化亜鉛、ケイ酸(Na/Mg)、テトラデセン、グリセリン、
トコフェロール、BHT、(ジメチコン/メチコン)コポリマー、含水シリカ、ステアリン酸、酸化スズ、
イソブタン、イソペンタン、フェノキシエタノール、クロルフェネシン、
合成金雲母鉄、合成金雲母、酸化鉄、硫酸Ba、マイカ

 

今まではあまり成分は気にしていませんでしたが、一般の化粧品はこのぐらい沢山の
成分が入っているんですね。

 

資生堂のマキアージュにもミネラル成分は含まれていますが、その他にあまりお肌に
よくない成分も含まれていました。

 

それが、防腐剤のフェノキシエタノール、界面活性剤のステアリン酸です。お肌に良くないといっても、これは一般で売られているほとんどのファンデーション
に含まれているので当たり前の成分といえば当たり前です。

 

しかし、レイチェルワインは上記のようなお肌に害のある可能性のある成分は一切
含んでいません。

 

マキアージュはとても有名で、私も以前使用していたのでとても愛着があります。
しかも、使用感もつけ心地もいいんですよね^^

 

レイチェルワインは、CM等で大々的に広告をして一般的にはあまり知られて
いませんが、成分の面ではマキアージュより安心して使用できるファンデですね。

 

レイチェルワインの成分まとめ

 

ここまでレイチェルワインの成分について説明をしてきました。

 

レイチェルワインはミネラルファンデーションなので、余分成分は一切含まず、
必要な7つの成分だけを使用しています。

 

さらに、

 

合成界面活性剤、防腐剤、香料、オイル、などの肌に害のある可能性の
ある成分も一切含まれていませんでした。

 

そんなレイチェルワインミネラルファンデの値段は1色3240円です。

 

しかし、私のおすすめはこの値段で購入するのではなく、レイチェルワインの
トライアルセットです。

 

トライアルセットは、ミネラルファンデ(2色)+アクセントフェースパウダー+
カブキブラシがセットになっています。

 

 

トライアルセットの値段は、1980円ですが、付属のカブキブラシだけで、定期が4
500円とかなりお得なセットとなっています。

 

このカブキブラシを安く買うために、レイチェルワインのトライアルセットを購入
する人も多いんですよ(笑)

 

いきなり定期購入ってやっぱり気が引けると思うので、まずはトライアルセットで
自分の肌にレイチェルワインがあっているのか確かめてみてはいかがですか??

 

↓↓安心・安全な成分でできています↓↓